/ / 【DQH2】公式トップのマリベルを見てふと気付いたこと

【DQH2】公式トップのマリベルを見てふと気付いたこと

dqh2_image1

風の噂で、DQH2にマリベルが参戦することは知っていました。ただ、恥ずかしながら私はPS4を所持していませんので、俗に言う劣化版となるPS3版を購入するのもどうだろうと、DQHすら見送っていた次第です。

しかしなんの気まぐれか先ほどDQH2の公式サイトを閲覧すると、トップページに上記キービジュアルがありありと映っています。左下にはマリベルの姿が。先ほど申し上げたように、参戦は既知のことですので別段驚くことはありません。ただひとつの要素を覗いては。

そう。このマリベル、なんと…半袖なのです!

3DSリメイクでさえ、満たせなかったマリベル欲

リメイクである3DS版DQ7で、就いた職業ごとに衣装変化が導入されたことはもちろん嬉しいポイントです。しかし悲しいかなモデリングはあくまでデフォルメ等身。マリベルのヴィジュアルを完全に再現しているとは言い難く、その姿を視覚的に楽しむ余地はそれほどありませんでした。

d17_image_15112101

それがPS版発売から15年、3DS版発売から2年半の歳月を経て、鳥山明先生のデザインを見事に表現した美麗グラフィックでマリベルを拝める日がやってきただけでも感無量だというのに、まさか半袖とは!

ドラクエ世界もクールビズ?

dq7_maribel

本来マリベルの通常衣装はほとんど露出がなく、顔と手以外すべて服に隠れています。今更ながら改めて見るとこの服、オレンジ色のカットソー、赤色のロングワンピース、緑基調のなんかよくわかんないやつ、この三つのレイヤードから成り立っているんですね。つまりマイナーチェンジというよりも中に着ていた一枚を端折ったクールビズスタイルといったところか。

希少価値が生み出すプレミア感。その重要性

dq_mbl_15112101dq_mbl_15112102

これがマーニャやゼシカなら、腕がちらっと見えたところでなんの喜びもないでしょう。腕以上に露出を控えるべき部位が常時ひけらかされているのですから。普段まったく露出がないからこそ、ふと垣間見たときの素肌に喜びを感じるのです。

終わりに

もしもわがままが許されるのであれば、「ゆめのキャミソール」はもちろんのこと、3DS版で追加された転職衣装を拝んでみたいものです。だがしかし、通常衣装でのアクション中の足チラも捨てがたい。これもまた希少価値。とにもかくにも夢が膨らむばかりです。発売は来春とのこと。PS4ごと購入を検討中です。

関連記事
にほんブログ村 漫画ブログへ
↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります。
この記事をシェアする
このブログをフォローする