/ / 一週間、一ヵ月、果ては一年。禁酒を続ける3つのコツ

一週間、一ヵ月、果ては一年。禁酒を続ける3つのコツ

2016012101

適度なお酒はひとりであっても複数人であっても楽しいものです。ですが長期的に深酒を続けていると、体が重い、顔や手足がむくんでいる、体重が増えてきた、などなどのデメリットが顔を覗かせます。

お酒好きな方であれば一度は、そうしたデメリットを肌で感じて禁酒を決意されたことがあるのではないでしょうか。かくいう私もダイエットのために年に何度かはお酒を控える時期があります。ですが生半可な決意では、気が緩んだときについついお酒に手が伸びてしまい、禁酒がオジャンになってしまうことが多々あります。

実際私にも禁酒を継続できる時期と継続できない時期があるのです。それぞれの違いから振り返って、禁酒を続けるためには何が必要なのかを考えてみました。

食事を禁酒専用に替えてみる

晩酌を嗜まれる方は、ご飯や麺類など主食の置き換えにお酒を飲まれることが多いのではないでしょうか。その場合、酒+つまいというメニューになると思いますが、禁酒時にダイエットを見越してつまみだけを食べるようにするというのはあまりよろしくありません。それにはいくつか理由があります。

つまみだけ食べることがNGである理由
  • 精神的に「食べた」という満足感が少ない
  • 単純に食事の量が少なく、満腹感が少ない
  • いかにも我慢をしているような気分になる

普段食べていた量を急に減らすというのは、なかなかストレスがかかります。ただでさえ好きなお酒を控えているわけですから、殊更我慢しなければならない要因をこれ以上増やすことは望ましくありません。ダイエットを目的としていない場合は、主食を摂ることが一番の解決策です。しかし「お酒を辞めて痩せたい!」と考えていらっしゃるのであれば、ご飯や麺類に替わる主食が必要となります。

ご飯や麺類の置き換えには、糖質カット食品がおすすめ

最近では、小麦のふすまを利用して作られた「ふすまパン」や、こんにゃくやおからから作られた「糖質0g麺」などの、糖質をカットした食品が多く発売されています。たんぱく質が豊富で満腹感があり、主食を摂っているという精神的な満足感も得られるため、ダイエット中の方や糖尿病の方の強い味方となってくれます。

気分をリフレッシュできる娯楽を見つける

一日の仕事を終えた自分へのご褒美として、ついついお酒をいっぱい飲みたくなってしまう気持ちはわかりますが、その欲求はグっと堪えなければなりません。ただ、我慢に我慢の上乗せは禁物。禁酒を長続きさせるためには、「我慢をしている」という実感を軽減させることが効果的です。

ですので、何か気分をリフレッシュできる娯楽に手を出すことが望ましい。何だって構いません。買ったはいいものの、本棚に放ったらかしの小説や漫画を読むのも良し、忙しくて溜まりに溜まったアニメや積みっぱなしのゲームを消化するのも良し、ふらっとヒトカラに出掛けて鬱屈とした気持ちを歌に吐き出すのも良し、晩御飯に手の込んだ料理を作るのも良し、友人とLINEや電話で愚痴を吐き出すのも良し、ジムやランニングで汗を流すのも気持ちが良いかもしれません。

下手に自分の趣味と乖離した、世間一般で高尚と思われる趣味に手を出す必要はありません。ありのままの自分が、一番リフレッシュできることをすれば良いのです。下手に背伸びや我慢をせず、定期的にストレスを発散することが長続きの秘訣です。そうすることで、空白の時間もできにくくなり、尚更お酒に手を伸ばそうと考えることがなくなるでしょう。

継続期間を設けてみる

自分はこれを期に、酒は一生飲まないんだ」と、強い意気込みを持ってしまうと、自分を戒めている実感を常に忘れられず、精神衛生上よろしくありません。手始めに禁酒を続ける期間を具体的に設けて、実践してみましょう。最初は一週間でも良いと思います。「自分がお酒をやめられる」という実感を持つことが大事です。

設定期間、きっちりお酒を飲まずにいられたなら、一度くらい酒盛りしてみるのも良いと思います。久々に飲むお酒は、毎日飲んでいた頃と比べて格別です。あまり自分を縛りすぎず、ある程度気楽に望んでいれば、一度お酒を飲んだからといってその後どっぷり酒浸りになるリスクもグッと減るでしょう。

そうして少しずつ期間を長くしていき、一週間、一ヵ月、一年と確実に禁酒を成功させていきましょう。

まとめ

なるべく我慢しなければならないことを減らして、禁酒している状態が自然だと思えるようにすることが、長続きのコツです。また、お酒を飲んでいては、あまり本格的にできない趣味に手を出してみるのも良いでしょう。お酒を飲まないからこそできることや、お酒を飲まないことで得られるメリットに目を向けてみるのです。私が禁酒に成功するのは、大体これらの条件を満たしているときです。今年も、そろそろ禁酒を始めることにします。

関連記事
この記事をシェアする
このブログをフォローする