/ / 【DQH2】マリベル至高の名言を音声で聴いた。実に感無量である

【DQH2】マリベル至高の名言を音声で聴いた。実に感無量である

2016-04-09_16h15_30

私としたことが、ニコニコ生放送終了後公式サイトにサンプルボイスが追加されていることにまったく気づきませんでした。なんという落ち度。

まあ気を取り直して、マリベルのサンプルボイスを聴いてみたのでした。

マリベルをマリベルたらしめる名言が音声化

遊んでくれてありがとう。つまらなかったわ!

私がドラゴンクエスト7でも随一と考える名台詞がついに音声になりました。これぞまさしく感無量。

声色はいかにも高飛車といった具合。私の個人的なイメージでは、この台詞はもう少し淡々としたトーンのイメージがありました。本人にしてみるとほとんど悪気はなく率直な感想を述べたまで、というニュアンスなのだと解釈していたためです。イメージとは多少違いましたが、しかし良い。

何故か?そういう意味では、悠木さんの演技は私のイメージにバッチリはまっているからです。高飛車ながらも、あまり皮肉めいた感じではなく、あくまで思ったことを口にしているような声色。

これぞマリベル。かわいい。

悠木ボイスで原作テイストな掛け合いは実現されるのか

原作でマリベルが歯に衣着せぬ物言いをするのは、聞き手が主人公だからです。

一応お嬢様だけあって、初対面の相手には、案外礼儀正しい振る舞いを見せます。気に食わない相手に出会うと、あとで主人公相手にぶくつさ文句を口にしてはいますが…。それはまあ、システム上の都合で、パーティキャラとモブや敵キャラがあまり言葉を交わさないことにも起因しているでしょう。

ですので、主人公以外とマリベルの掛け合いがどうなるものか、案外想像がつかない。原作のマリベルの立ちどころからして、主人公から独立して登場してしまって大丈夫なものか、やや心配です。

幼馴染の距離感あっての毒舌だからこそ、毒を吐く相手がおらず原作のはっちゃけぶりがなりを潜める、もしくは誰彼構わず毒を吐くような性格だと誤解されてしまうような言動を繰り返す、そんな事態に陥らないことを願うばかり。

そこは、堀井さんがうまくやっていらっしゃると信じるほかありません。

まとめ

実に16年を経てマリベルの名言を耳にできたこの喜びは何にも代えがたい。しかし、声に文句がない分、その良さをシナリオが殺してしまわないものか心配になってしまったというお話。悪いことは考えず、期待して待つことにします。

関連記事
にほんブログ村 漫画ブログへ
↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります。
この記事をシェアする
このブログをフォローする