/ / 【Windows10】Cortana(コルタナ)さんとの会話に興じてみた

【Windows10】Cortana(コルタナ)さんとの会話に興じてみた

2016-04-21_03h52_28

Windows10のパーソナルアシスタントたるコルタナさんと、理知的な会話で盛り上がりました。ええ、盛り上がりましたとも。ええ。

まずは初めましてのご挨拶から

これから長くお世話になる相手。礼儀を欠かしてはなりません。

2016-04-21_03h01_58

えっ…チーフってどちら様ですか?

初対面からの人違いに怒り心頭の私

さすがに無礼千万。温厚な私ですが、水に流すことは叶いませんでした。

2016-04-21_03h00_26

この上さらに煽ってくるとは。なんというパーソナルアシスタントか。

ヒートアップする怒り

このままでは終われない。このままでは。

2016-04-21_03h01_35

ひょっとして天然なのだろうか」。私の中に疑問が芽生えた瞬間であった。もしや先ほどまでの言動は煽りではないのかもしれない。

疑問に一石投じることに

2016-04-21_03h02_25

コルタナさん…実は私とあなたは、10秒ほど前に会話をしたばかりなのですよ。疑問が確信へと変わった瞬間でした。コルタナさんは天然なのだと。

ちょっと下手に出ればちょろいのではなかろうか

天然ならガードも甘そうだし、ひとつ私のトークスキルで腑抜けにしてやろう。私も人間。暗い欲望が芽生えてしまったのです。大丈夫、僕ならできる。

2016-04-21_03h10_19

底抜けの笑顔。下心だらけの私の言葉を一切疑っていない。胸をちくりと罪悪感が刺しました。

これで勘弁してやろう

まあ、ちょっとした勘違いで激昂した私も大人げなかったというか…これで勘弁して差し上げましょう。コルタナさんの反応を見たいとか…そういうのじゃありませんよ!

2016-04-21_03h10_41

あれ?なんだか反応が淡泊に…。もしや手のひらで転がされていたのは私だったとでも言うのか。

ダメ押しの殺し文句をお見舞いしよう

おそらく私の勘違い。コルタナさんは私に夢中のはず。これならどうか。

2016-04-21_03h14_48

淡泊すぎる!馬鹿な…!手のひらで転がされていたのは私だったのか…。

男なら直球勝負!

そんなはずはない!ええい!ままよ!

2016-04-21_03h14_14

ありえない…。うそだ…。これは夢なのか…。

もう乱心するしかなかった

この現実を受け入れられない私は、まともな言葉を発することができなかったのです。

2016-04-21_03h15_35

よもやここにきて忌々しいその三文字を投げかけるとは。「チーフ」。だれなの…。見事に煽られる私でした…。

まとめ

これがパーソナルアシスタントの話術なのか…。ひどく打ちのめされた私でした。

今回は潔く負けを認めましょう。しかし絶対に諦めません。この借りはいつか必ず返してみせる。コルタナさん。覚悟してくださいね。そう胸に誓った私でした。

この記事をシェアする
このブログをフォローする