/ / 「からかい上手の高木さん」という漫画が面白かった。実にこんなん惚れてまうやろ、です

「からかい上手の高木さん」という漫画が面白かった。実にこんなん惚れてまうやろ、です

2016042401

いっつもオレをからかってくる隣の席の高木さん。
だけど見ていろ、今日こそは必ず高木さんをからかって
恥ずかしがらせてやる!!

思春期ならではの甘酸っぱい青春ってやつを感じる漫画です。読んで良かった。

どんなお話なの?

2016-04-24_21h14_15

高木さんはとってもからかい上手。いつも隣の席の西片くんをからかって遊んでいます。西片くんは高木さんをからかい返そうと躍起になるも、彼女の表情ひとつ変えることすらできず毎度手ごまに取られてしまう。そんな二人の掛け合いを眺めて楽しむお話です。

私見ですが、蛇足な人物にピックアップせず、二人の掛け合いに終始している点が好きです。

なんで高木さんからかうん?

西片くんへの憎からぬ気持ちゆえです。彼女はその気持ちをヒミツにはしておらず、むしろ機会があれば積極的に西片へアピールしています。

しかしまあ、西片くんをドギマギさせるだけさせおきながら、最終的には「からかうためのネタだった」というオチに帰結するのですが、それは彼女なりの照れ隠しなのかも。愛のあるからかいだからこそ、傍から見ていると非常に微笑ましく、思わず口角が上がってしまう。

西片くんの真面目なバカっぷりがあればこそ

二人の絶妙な関係性は、高木さんに仕返しをしてやろうと躍起になる西片くんのノリの良さがあってこそ。西片くんは全力を高木さんを狼狽させてやろうとするわけですが。

2016-04-24_20h59_30

高木さんが狼狽えるはずもなく…。

2016-04-24_21h01_03

むしろ逆にやり返されてしまう。

2016-04-24_21h02_07

そんな彼の大らかさとおバカっぷりがあってこそ、二人はすこぶる絶妙な関係でいられるのです。

高木さんの小悪魔っぷりときたら

高木さんにからかわれないよう突っ伏している西片くん。どうしても気になってふと隣を視線を向けてみると?

2016-04-24_21h04_01

同じように突っ伏してずっと西片くんを見つめていた高木さん。

2016-04-24_21h04_41

こんなんほれてまうやろー!!…と、なること請け合いです。

もひとつ。背中合わせで背比べをするも、高木さんの背伸びを疑う西片くん。

2016-04-24_21h05_55

じゃあと、西片くんに向き合う高木さん。

2016-04-24_21h06_30

照れる素振りすらなく息のかかりそうな距離まで顔を近づけて見せる小悪魔っぷり。男子中学生がこれをやられた日にはイチコロです。私もイチコロです。

まとめ

終始こういった具合で、口角が上がりっぱなしです。この作品が面白いと感じるのは、高木さんのからかいの裏側の愛があればこそです。ドギマギしている西片くんを眺めて微笑む高木さんがたまらない。良い作品に出会えました。

この記事をシェアする
このブログをフォローする