/ / 深夜帯、隣人の話し声がうるさい。温厚で慈悲深い私がこの上なくイライラする理由

深夜帯、隣人の話し声がうるさい。温厚で慈悲深い私がこの上なくイライラする理由

2016042801

いわゆる騒音問題。温厚で慈悲深いともっぱら評判の私でも、若干おこです。まだプンプン丸ではありません。あと温厚でもありません。慈悲深くもありません。お話して参ります。

まずいきさつを説明するがいい

4月中旬から隣人がやけにうるさい。同棲しているのか連れ込んでいるのか見当つくはずもないが、聞こえてくる声から察するに男女二人組である。

日中は静かなものですが、深夜2~4時頃になると話し声が響いてくる。女性の方はまだマシとして、男の方はやたら声が大きい。10メートル先の相手にでも話しているかのごとく。喧嘩しているのか愚痴をこぼしているのか謎ですが、たまに怒鳴り声まで聞こえてくる始末です。

最近急に聞こえてくるようになったのか?

前から聞こえていたのに気づいていなかったのか、それとも最近聞こえてくるようになったのか。ひとつ考察してみましょう。

無職が夜更かしてるから気になるんだよ説

私が無職になったのは4月1日。3月以前は翌日の仕事に向けて夜中きちんと睡眠を取っていたから気付かなかっただけかもしれない。そう脳裏に浮かんだ考えは確実に誤りである。何故なら退職前の数カ月、職場に行きたくないあまり明け方まで夜更かしをするのが常だったから。なんたる愚かしさか。

TVが騒音を相殺してくれていたんだよ説

無職の分際で恐縮ですが、先日PC用TVチューナーを購入したためそれまで使っていたテレビがただのオブジェと化しました。おまけにPCの音声もスピーカーではなくヘッドフォンで聴いているため、基本的に我が屋は静寂で包まれているのです。

つまりこれまでTVの音で中和されていた隣人ノイズがダイレクトに私の鼓膜を振動させているのやも。…と書き上げておいてなんですが、テレビのボリュームを隣の迷惑になるほどには設定にしてはいなかったので恐らくこの線は薄いでしょう。

マジレスするとこうかもしれない説

やはり3月以前から聞こえていたわけではなく、最近になってアベックの片割れが片割れを連れ込むようになっただけなのかもしれない。

深夜帯に活動が活発化するとなると、よっぽどのブラック企業に勤めていて帰宅時間が遅いか、サラリーマン以外の雇用形態で働いている人達なのでしょう。無職の私よりはよほどえらい。お疲れさまです。

しておぬしは、隣人のやかましさが我慢ならんと?

あたかも激怒しているかのような雰囲気を漂わせておいてなんですが、別に声が聞こえてくることそのものに対しては然したる怒りはないのです。

では何に怒り心頭なのか?多くが睡眠中である深夜帯に己の気の向くまま騒音を垂れ流すモラルのなさに怒りを抱いているのです。周囲が自分とは異なるサイクルを送っている可能性を考慮し、喋るにしてももう少しボリュームを抑えるだけの配慮があって然るべき。

喋るなというよりも、深夜に怒鳴ったり大声で笑うような真似は控えて然るべきである、他者を慮れる大人なら。そういうことです。

音がどうのこうのというよりも、そういう愚かな輩が隣に住んでいることが許せない。バルシーラでどこかに吹き飛ばしたい気分です。私は他に行く当てがないのでリレミトはできないし…。ましてやルーラで天井に頭をぶつけたくもない。かといってザキとか使ったら犯罪だし…。

まとめ

モラルのない輩は他者を不快にさせる行為を自覚もなくやらかす。それがなんだか怒り心頭。ぷんぷん丸である。そういう話でした。

最悪音自体はヘッドフォンを装着すればどうとでもなるので、あまり長く続かない限りはスルーすることにします。隣人トラブルに発展させてわざわざ面倒ごとに巻き込まれたくもありませんし…。それでは。

この記事をシェアする
このブログをフォローする