/ / Amazonプライム会員のメリットに戦慄。年会費3,900円は安すぎる!

Amazonプライム会員のメリットに戦慄。年会費3,900円は安すぎる!

2016-04-28 15.51.14

先日PC用TVチューナーを注文する際当日お急ぎ便を利用しようと思ったのですが、困ったことに非プライム会員では当日お急ぎ便は有料オプション。そこで無職は一ヵ月の無料体験に踏み切ったわけです。これで晴れて当日お急ぎ便が無料グフフ。我ながらセコい。

たったそれだけのために登録したAmazonプライム会員ですが、あらためて会員特典を確認してみるととんでもない。一ヵ月の無料体験だけで金額換算でいかほど楽しめるものかと戦慄している最中です。お話して参ります。

Kindle、Fireタブレットが4,000円OFF

プライム会員限定のクーポンを使用すればAmazonのタブレットがお安く購入できます。残念ながら、無料体験中はこの限りではありません。クーポンを使用するためには本会員に移行する必要があります。

4,000円OFFで価格はどうなるかと言うと下記のとおり。

  • Kindle:\8,980→\4,980
  • Kindle Paperwhite:\14,280→\10,280
  • Fireタブレット:\8,980→\4,980

かねてからAmazonタブレットの購入を検討されていた方であれば、年会費3,900円を支払って4,000円の値引きが適用されるわけですから、この時点で既に100円元が取れることになります。

つまり「KindleやFireタブレットが欲しい!」とお考えの方は、とりあえず一年間だけ本会員に移行し、年会費と特典が釣り合わないと感じるようであれば解約すれば良いということですね。

お急ぎ便・日時指定が無料

これがデカい。お急ぎ便利用には通常、下記料金がかかってしまいます。

  • 当日お急ぎ便:514円(税込)
  • お急ぎ便:360円(税込)

だけど何度注文しようと無料になるんだ。そう、プライム会員ならね。

これで平日の昼間に配送業者の押しかけテロに遭い、わざわざ再配達を依頼する必要もなくなるというわけです。

もちろん通常配達でも配送料は無料となります。4月6日づけで全品送料無料が廃止され、2000円未満の配送料が315円に引き上げられたため、よりプライム会員の価値が増したように思います。

ただし、無料となるのは対象商品だけ。対象外の商品は、通常通り料金がかかることをご留意あれ。

プライム・ビデオ

映画やアニメ、ドラマからTV番組まで、数多い作品が見放題。そしてジャンルが幅広い。

オンエア中のアニメはもちろん、ドラえもんクレしんなどの国民的アニメ映画まで広くカバーされています。続編制作が決定された勇者ヨシヒコが1期2期ともに観られるのは嬉しい。私が卓球部に入部するきっかけとなった映画版ピンポンも捨てがたい。

そんな感じで気になる掘り出し物がたくさん見つかること請け合いです。

Prime Music

なんでこれだけ英語なんだろう。

さておいて。100万曲以上の楽曲を無料で楽しみ放題となるサービスです。おすすめのプレイリストやアルバムを一括ダウンロードして作業用BGMにできる。スマートフォンやタブレット端末にミュージックアプリをインストールすれば、外出先でも気軽に音楽が聴けちゃいます。

あまりに膨大すぎてラインナップをすべて確認できていないのですが、やはり邦楽よりも洋楽の方が人気ですね。アリアナ・グランデとかテイラー・スウィフト、カーリー・レイ・ジェプセンなど最近のキャッチーな女性シンガーから、クイーンマドンナなど70~80年代のアーティストまでなんでもござれ。

個人的には、気にはなっていたけれど手を出せずにいたBABYMETALの楽曲が豊富で嬉しい限り。

プライム・フォト

Amazon Cloud Driveにカメラや携帯で撮影した写真を無制限に保存できるサービス。写真だけでなく、動画なんかも5Gまで保存可能な無料ストレージも使用可能。クラウドなので、PC・スマホ・タブレットいずれの端末からのファイルにアクセスできます。

Dropboxの個人向け無料プランで最大容量が2Gなので、そう考えると破格の条件ですね。

プライム会員先行タイムセール

なんと、タイムセール商品を30分早く注文できるのです。これには野原みさえもびっくり。

Amazonパントリー

食品・日用品などの低価格商品を一点から注文できるサービス。パントリーBoxの使用率が100%になるまで、自由な組み合わせで商品を入れることができます。

複数個売りが基本のお菓子やカップ麺などであっても一点から注文が可能な上、通常配送よりも単価が安かったりします。ただしパントリーBox一つにつき一律290円の送料がかかります。適当にポチっていると、大体送料とドッコイになるくらいの値引き率かな?

色んなものがごちゃ混ぜに詰まった段ボール。すごくわくわくします。

家族と一緒に使い放題

自分以外に同居している家族二人までを家族会員として登録できる。家族会員が利用できる特典は下記のとおり。

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員先行タイムセール
  • Amazonパントリー

音楽やビデオ、クラウドサービスは使用不可。家族諸君はあくまで通販サイトとして利用したまえよ、ということですね。それでも十分な恩恵。まあ、一人暮らしかつ無職独身の私にはまるで縁のない話なんですけどね。はは。

Kindleオーナーライブラリーの利用

一ヵ月に一冊、対象タイトルの中から好きな本を無料で読めるサービス。ただしデバイスはKindleもしくはFireタブレットに限る。

本を選ぶこと自体は月一度の制限がありますが、一度選んでしまえば無期限で楽しめる。ただ一度に選べる本は一冊のみなので、他の本が読みたくなった場合は現在選んでいる本に対して終了手続きを踏まなければならない。

一度の貸し出しが一冊に規定されている図書館みたいなものですね。

まとめ

これだけの特典がついて年会費3,900円。つまり一ヵ月あたり325円です。一度お急ぎ便を利用しただけで元が取れてしまいます。通販を頻繁に利用せずとも、音楽やビデオ鑑賞だけでお釣りが来ます。店舗によりけりですが、TSUTAYAで映画5本まとめて1000円なわけですから、1本当たり200円。映画を二本見ればもう得をしているのです。

ちなみにビデオオンデマンドで名を馳せるHuluなんかは月額933円です。Amazonプライムはビデオが観られる上、その他各種サービスが詰まって325円。安い。本業は通販なのに。

通販を利用する機会が減って侮っていたAmazonでしたが、こうしてきちんとそのサービス内容を整理してみるとげに恐ろしい。たとえ無職であろうとも、年間3,900円を支払うだけの価値はあります。会員登録をご検討中の方はご参考までに。それでは。

にほんブログ村 漫画ブログへ
↑ランキングバナーをクリック頂けると励みになります。
この記事をシェアする
このブログをフォローする