/ / セルゲームで悟空がセルに仙豆を渡していなかった場合どうなっていたか

セルゲームで悟空がセルに仙豆を渡していなかった場合どうなっていたか

2016-06-29_02h16_28

悟飯の潜在能力を確信しているため悟空は余裕の態度でセルを完全回復させてしまうわけですが、なんやかんやありつつ悟飯は超サイヤ人2へと覚醒し見事セルを打倒します。しかし敵に塩を送るような真似をしなければどうなっていただろうか。考察して参ります。

原作通りセルは悟飯を怒らせようとする

セルの消耗具合に関わらず、悟飯は戦いを躊躇するはずです。そうなるとセルは何がなんでも悟飯を怒らせようと躍起になります。

2016-06-29_02h20_28

戦闘力では後ろから数えた方が早いクリリンが仙豆を所持しているため、たとえ全快でなくともセルは難なく仙豆を奪取できるでしょう。

2016-06-29_01h55_17

すると考えるべきは、悟飯の怒らせ方です。

16号の自爆沙汰の後、セルは7匹のセルジュニアを排出しています。ポイントは、その行為にエネルギーを消費するのかどうか。そのことは作中では特に描写されていないものの、ピッコロ大魔王が魔族を産み落とした後のように疲れている様子はありません。

2016-06-29_01h56_41

悟飯が超サイヤ人2に覚醒した後に難なくフルパワーを発揮していることから、大した労力は伴わないのかもしれません。

2016-06-29_02h01_41

となれば悟空戦で消耗したセルがセルジュニアを産み落とすことに問題はないため、作中通り仲間がセルジュニアに嬲られることに変わりはないでしょう。その後の展開もおそらく同じです。

悟飯が超サイヤ人2に覚醒し、苦し紛れの自爆から蘇ったセルが、超サイヤ人2と瞬間移動を身につけ地球に舞い戻る。

2016-06-29_01h59_48

悟空の、フェアな勝負を優先して悟飯のことを省みない行動が非難されがちですが、少なくとも仙豆に関して言えばどちらでも大差なかったということになります。

2016-06-29_02h02_51

仮定1:悟飯が躊躇せずに戦っていたとしたら

仙豆が展開の鍵ではないとすれば、悟飯が地球の無事を優先して、セルとの戦いにきちんと望んでいたとすればどうか。

悟空とセルの戦いを見て二人が手を抜いていたと感じていた描写からして、少なくとも身体能力で悟飯が悟空に負けていることはないと考えられます。

2016-06-29_02h05_01

ほぼ互角が悟飯の方が若干上か。しかし歴戦の戦闘経験や瞬間移動という技の有無から、実際には悟空に軍配が上がる。そんな認識です。

となると、セルが悟空と戦ったときと同じ程度のパワーで戦っているうちは善戦できても、フルパワーを発揮されると厳しいでしょう。このフルパワー、印象が薄いながら悟空のこの言述からして超サイヤ人2でなければ太刀打ちできないレベルであると考えられます。

2016-06-29_02h07_09

まだセルが戦いを楽しんでいるうちはともかく、追い詰めていくと必ずフルパワーになるはずです。真っ向勝負をしているうちは悟飯も超サイヤ人2には覚醒しないでしょうし、じわじわと追い詰められていくでしょう。

フルパワーを出される前に悟飯が体力をある程度消耗させることができたとしても、後に続くベジータ、トランクスは悟空、悟飯より一枚落ちるため、ノンストップの連戦であっても倒しきれない可能性は高いと思われます。

となると勝ち筋は悟空の瞬間移動かめはめ波か元気玉のみです。悟飯の潜在能力を確信しているからこそ余裕の悟空ですが、さすがに追い詰められたとあっては総力戦も辞さないはずです。ラディッツ戦やベジータ戦の様子からして間違いないでしょう。

2016-06-29_02h10_29

2016-06-29_02h11_38

ただセルは気を読めるので、それこそ元気玉を阻止するためにセルジュニアを使ってもおかしくありません。総力戦に入り込んだなら、数の暴力に対抗するためなおさらその可能性は高くなると思われます。

仮定2:なんやかんやセルを追い詰めたとしたら

自爆します。

2016-06-29_02h37_53

そんで瞬間移動を身につけて復活するでしょう。ひとつ考えるべきは、復活したセルが瞬間移動を身につけたのは悟空のそれを目の当たりにしたことに起因しているという点です。

2016-06-29_02h14_17

作中のパーフェクトセル(超サイヤ人2状態)も悟飯のそれを目の当たりにしたからこそ覚醒したのだとすれば、悟飯が覚醒していない状態であればセルも超サイヤ人2への覚醒を果たさない可能性があります。

それならば仙豆を使って粘れるもののジリ貧です。もしくは業を煮やしたセルが地球を破壊する線が濃厚です。

2016-06-29_02h14_42

おまけ:セルが悟空一派を全員倒してしまったとしたら

ドラゴンボール超の未来トランクス編で、バビディやダーブラがブウを復活させるため地球に訪れていました。となれば、地球さえ無事ならセルが勝利した歴史にもやってきておかしくない。

自爆から戻ってきたパーフェクトセルであれば、修行をサボっていた高校生悟飯といい勝負だったダーブラ相手なら善戦できると思われます。

更に言えばセルがきちんと修行をしていた場合、サイヤ人の血を引いているだけにブウ編の悟空やベジータのように更なるパワーアップを遂げている可能性があります。ただ、セルのパワーアップ手段は他者の吸収ないし死の淵からの復活の副産物のみなので、そもそも好敵手のいない地球で真面目に修行をするとも考えがたい。

ただ、セルの秘める邪悪な心を見抜かれることがあればベジータ同様バビディの術にかかり家来にされてしまうやも。というか、そちらの方が濃厚かも。

まとめ

仙豆を渡さず総力戦で勝つ可能性は、どうしてもフルパワーセルの実力がいかほどであるかに依存してしまいます。とはいえフルパワーセルとの戦闘力相関は根拠となる情報が少ないため、私個人の予想の面が大きい点がネックです。

ただ案外差が小さく善戦できたとしても、中途半端に追い詰めるとセルは手段を選ばず自爆や地球破壊に走るでしょう。

反撃の隙も与えず勝利するためには、やはり超サイヤ人2の圧倒的な戦闘力が必要だとみて間違いないと思われます。真面目に考えてみるとなかなか面白い。それでは。

関連記事
この記事をシェアする
このブログをフォローする